保育士の給料が上がる具体的な方法。5万上がったら残業も耐えられる!

【現場主義】コーディネーターが実際に訪問した、
お墨付きの優良保育園をご紹介【わたしの保育】

保育士の処遇が厳しいため保育士を辞める人が増えています。

そのため保育士の待遇改善をすべく、国が対策を打っているって知っていましたか?

2017年度から保育士の収入を引き上げるとした、例のあれです。

具体的には、新しい役職として「副主任保育士」「専門リーダー」という役職を作り手当を支給したり、一律収入を増やすための取り組みも行われました。

でも実際に給料が上がったという保育士さんの声って、あまり聞こえてきませんよね。

なぜなんでしょうか?

まず、そもそも園が補助金を申請していない可能性もあります。

さらに補助金の使い方に問題がある場合もあるようです。

実は、保育士全員の給料が自動的に一律アップするわけではなく、誰にどれくらい、どうやって加算するかは園を運営する経営者次第だからです。

極端な話、補助金をプラスした分の金額を今までの収入から減らすということもてきてしまうのです。

そうすると、園に補助金は入るが、保育士の収入は1円も上がらないということになります。

あなたの縁がそんなブラック企業だった場合どうすればいいでしょうか?

保育園がブラックだった場合、転職するしかないのではないでしょうか?

 

保育士の給料を上げる一番の方法

 

でも転職といっても、どうやって新しい保育園を探したらいいのかわからない人も多いかもしれません。

給料アップなどの待遇の改善を目指して転職する場合は、どうやって転職先を探したらいいんでしょうか?

転職といったら、一番に考えるのはハローワークでしょうか?

でも、ハローワークで転職先を探すのはお勧めしません。

本当は待遇の良い保育園で働いている知り合いなどの紹介が間違い無いと思いますが、なかなかそんなうまい話はありませんよね?

仕事で疲れて帰ってきてるのに、求人雑誌を読んで電話したりということもなかなか出来ませんよね。

こんな時におすすめなのは、ネット上で転職先を紹介してくれるWebサービスです。

最近では保育士に特化した、お仕事の紹介サービスもあるんです。

【現場主義】コーディネーターが実際に訪問した、
お墨付きの優良保育園をご紹介【わたしの保育】


↑ ↑ ↑ こういったサービスです。

実はハローワークに求人を出している保育園とこういう求人サイトなどで保育士を探している保育園では求人の姿勢が大きく違うんですが分かりますか?

実はハローワークで求人を出す場合は求人にかかる費用は無料なんです。

そして先ほど紹介した様なサービスを使って、保育士を探す場合は採用する側の保育園は費用を使っているんです。

つまり、お金を使って良い保育士を探しているんですよね。

お金を使ってまで保育士を探している以上、しっかりとした待遇で雇い入れて長く勤めて欲しいと思っているはずですから、良い保育園の可能性が高いんです。

これって一つの指針になると思いませんか??

も、あなたがまだ転職サイトに登録したことが無いなら、せっかくの休日にハローワークに並ぶのではなく、簡単にスマホで登録してあなたに合った保育園の紹介を受けてみてください。

意外に簡単に、今より待遇の良い保育園があなたの近くにあるかもしれませんよ。



タイトルとURLをコピーしました